入院や通院治療でうつ病を克服!【医師による根気良く心休まる治療】

病院で相談しましょう

カウンセリングを受ける男性

色々な薬を利用できます

現代はうつ病になる人は多いと言われているので、この病気ではないかと思ったときはそのままにしないで本当にうつ病かどうかを確かめることが大切です。このようなときにはまずセルフチェックをしてみて、抑うつ気分や意欲の低下などのこの病気の症状が自分の場合にはどの程度出ているかを確認すると良いでしょう。そして、その結果としてうつ病の可能性がありそうな場合には、精神科や心療内科などの病院に行って医師に診てもらうことをお勧めします。なお、うつの症状は躁うつ病の場合にも出やすいのですが、この2つの病気は使用する薬などが違うので注意が必要です。うつの症状があっても他の病気ではなく本当にうつ病かどうかを確かめるには、この病気に関する実績のある病院を選ぶことが大切でしょう。また、この病気では精神的な症状だけでなく、睡眠障害や食欲減退などの体の症状が出ることもあるので、これらが出た場合にもこの病気の可能性を考えて調べることが重要です。さらに軽症の場合には薬剤の使用だけでも大丈夫な可能性が高いのですが、もっと進行した場合には入院した方が良いこともあります。そのような病院を選ぶ際には、複数の病院の方針をチェックしたり実際に入院した人達の口コミを読んでみたりすると参考になるはずです。うつ病に使われる抗うつ薬には新しい薬剤であるSSRIのようなものやかなり前から使われている三環系抗うつ薬など、色々なものが存在します。それぞれの症状や病気の重症度によって適した薬は違ってくるので、薬の効果の出方によってはそれまでと違う薬を飲むようになる可能性もあります。抗うつ剤は軽症のうつ病には安易に使わないことになっており、病気が進んで仕事や生活などに悪影響が出るようになってからの方が使われやすいと考えられます。なお、この種の薬では飲み始めたときに吐き気や眠気などの副作用が出ることがありますが、それ以降になると出なくなりやすいので医師に伝えた方が良いでしょう。また、うつ病の薬を飲んでいるときに注意したいのは、症状が出なくなっても自分で判断して飲むのを止めないようにするということです。そのようにした場合はめまいやイライラした気分などの副作用が出る可能性があるので、薬を飲み続けるかどうかは医師に相談することが大切です。そして入院している場合には薬を自分の判断で飲むのを止めることがなく、いつでも担当医に相談したり薬の効き方を頻繁にチェックしてもらえたりするので安心しやすいと言えます。ただ入院するときは特に薬に関して実績のある病院を選んだ方が良いので、事前にしっかりと治療法や薬の使い方などを調べることをお勧めします。

Copyright© 2018 入院や通院治療でうつ病を克服!【医師による根気良く心休まる治療】 All Rights Reserved.